YouTuber・トモハッピーこと齋藤友晴さんは、千葉のマジックプレイヤー、MTG専門カードショップ経営者です。

そんなトモハッピーさんは結婚している?

年齢は?

失格処分の真相とは?

さらに、TCGで問題視されるコミュニケーショントラブルに苦言!

経歴

福島の高校生だった1999年にマジックを始め、わずか数か月のキャリアでThe Finals99直前予選を通過し、決勝で大本命と言われた「ブルーマスター」小宮忠義を撃破し、優勝という劇的なシンデレラストーリーで表舞台に登場した。

しかし、アジア太平洋選手権01、グランプリ神戸01では2連続で「受賞資格も失う失格」となり、2001年10月1日より1年半(2003年4月1日まで)の出場停止処分を受けている。

復帰後は、本拠を東京に移し、国際的な活躍を続けている。

チーム戦のプロツアーチャールストン06でプロツアー初優勝を果たすと、グランプリストラスブール07で悲願の個人タイトルを獲得。

そして、2006-2007シーズンのプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。

特にビートダウンデッキ、速攻デッキが得意なことで有名で、ストンピィなどのクリーチャーデッキを使用することが多い。

また、デッキビルダーとしての活躍も目覚ましく、スノウ・ストンピィやシー・ストンピィなどのクロック・パーミッションの製作を手がけている。

世界選手権07では、当時いわゆる「日本殺し」と言われたフォーマットだったレガシーにおいて、新たなアーキタイプとなるTomb Stompyを制作し、森勝洋に提供。

森が好成績を収めたことで、幅広いフォーマットでのデッキ構築力を証明することとなった。

またSaito Zooなど、Twitterによる自作デッキの「情報公開」をして、メタゲームを進歩させるなど、大きく寄与した。

プレミアイベント遠征を活かしてトレーダーとしての活動も始め、2009年2月にはネットショップ「MTG通販・晴れる屋」を開き、2010年6月には実店舗を開いている。

また、2014年にプロチーム「Hareruya Pros」が結成された。

同2014年に晴れる屋2号店として成田に店舗をオープン、同時に千葉へ生活の拠点を移している。

グランプリ神戸09は友人の結婚式を欠席しながらの優勝であった。

そのため、カバレージで友人の結婚を祝う内容を掲載して埋め合わせをしたが、友人はそれを成田空港のインターネットコーナーで知り感激していた。

2010年マジック・プロツアー殿堂に選出されていたが、殿堂顕彰セレモニー前に開催された2010年11月のグランプリフィレンツェ10にて遅延行為の失格となり、2012年5月末まで(1年半)の出場停止処分を受けている。

同時に殿堂入りが取り消された。

嫁や年齢は?

トモハッピーこと齋藤友晴(さいとうともはる)さんは、千葉のマジックプレイヤー、MTG専門カードショップ経営者。

Hareruya Pros所属。

トモハッピーさんは、2015年12月13日のTwitterで32歳になったことをツイートしています。

このことにより2019年11月現在は、35歳で来月12月13日で36歳になられます。

そして、こちらのツイートでは嫁についてもふれています。

トモハッピーさんの嫁について調べて見ましたが、どんな方なのかはわかりませんでした。

トモハッピーさんのTwitterにも、嫁との画像は出していないようで一般女性ということも考えて控えているかもしれませんね。

ですがトモハッピーさんは結婚されていて、さらにこんなツイートも!

お子さんも、いらっしゃることがわかりました。

ここでの投稿コメントで、「お父さんと息子さんもマジックやられてるのですか?」という質問に、トモハッピーさんは、「パパハッピーは前にやってみて何度かプラス大会1回だけ、コハッピーはまだ開封エンジョイぐらいです」と答えられています。

ということは…今後、お子さんも期待できるかもしれないですよね。

そして、今年(2019年)第二子も誕生されているようです。

失格処分の真相

グランプリ神戸において、斎藤友晴(トモハッピー)選手がDisqualification without Prize (=受賞資格も失う失格)処分となりました。

斎藤さんは先日の2001 APAC で「161 不正行為-賄賂や共謀」により、受賞資格も失う失格を受けていますが、この件については、DCI本部よりAPACの件についての最終処分が出ていません。

彼にとって「執行猶予期間」ともいえるこの状況の中で、今回の出来事は起こりました。

グランプリ神戸初日の第3回戦で斎藤さんは、1-1で迎えた3本目、押されていた状況で、自分のライブラリーの枚数を数え、対戦者に自分のライブラリーに差し出し、対戦者はその行為に不思議に思いながらも斎藤さんのデッキをカットしました。

そこで、斎藤さんは彼のそのライブラリーのカットについて、ジャッジにクレームを申し出しました。

その行為について、彼へのインタビューで、斎藤さんは自ら「クレームをつける事で勝利に結びつくかもしれない」と、正直に証言をいたしました。

この行為は、ペナルティガイドライン「152 スポーツマン精神に反する行為-大きな違反」と判断をされました。

斎藤さんはルールの理解度の不備により、2001 APACでマジック:ザ・ギャザリングのゲームの精神を破る行為をしたばかりであり、今回の行為もルールの理解度の不備からくる同類の違反と判断しました。

短期間で同じ行為を繰り返した事について見逃す事はできないと判断し、よって、斎藤さんに受賞資格も失う失格を決定されてしまったようです。

今回の事件は、APACの傷跡癒えぬまに…というか最終的なペナルティー委員会からの出場停止処分の下る前の「再犯」ともいうべき事態となってしまったわけでした。

良い意味での「厳格な」ジャッジングの在り方や、様々な教訓とすべき諸事例などが取りざたされている昨今ということもあって、大会開始前のアナウンスの段階で「不正行為には断固たる処分をくだし、失格を含む重い処分を出すことも恐れない」という今回のグランプリ運営方針を宣言しておりました。

斎藤選手は劣勢で、本人曰くでも「次のターンに特定のカードを引くしかない」という状況であったそうです。

そして、斎藤選手はデッキを数えるために自分のデッキ10枚ずつのいくつかの束にして場に並べ、それを「故意ではないが本来とは異なる順番で」積みなおしてしまい、それをいきおいよく対戦相手の目前に差し出しました。

そして、対戦相手はデッキを差し出されるがままにカットしてしまったということです。

そして、本人も認めているとおり、斎藤選手は「劣勢なから対戦相手のミスプレイに対する裁定によって状況が好転するかもしれない」という意図のもとにジャッジを呼んだのです。

まさに、斎藤選手のアンスポーツマンライクな精神性についてです。

そして悪いことに、斎藤選手は「スポーツマンシップに関する問題での失格処分」を、APACで与えられた矢先のことでもあったのです。

ペナルティーとは、ゲームに公正さを保つだけではなく、まさにプレイヤーを教化するという意味合いも色濃く含んでいるわけです。

残念ながら、斎藤選手はAPACでの事件を教訓として活かせなかったのでした。