”物申す系”YouTuberとして知られるシバターが、「NHKから国民を守る党」の所属議員の過去の女性問題について動画で触れ、立花孝志党首から「裁判を起こす」と迫られ話題になっています!

一体どういうことなのか?

その真相とは?

プロフィール

シバター・1985年10月18日生まれ。

総合格闘家、プロレスラー、YouTuber。神奈川県横浜市出身。

パンクラスP’s LAB横浜に所属。

シバターは本名が「齋藤光(さいとうひかる)」であることを公開している。

彼の動画歴は配信を含めると2008年から既に10年以上という実績を持つ、YouTube界でもかなりのベテラン勢である。

Stickam・PeerCast時代はシバターではなく「しんしー」という愛称で活動しており、当時から現在のような視聴者を煽っていくスタイルが主流だったそう。

YouTuberの中でも30代は年長組にあたり、同い年のYouTuberは木下ゆうか。

シバターは180㎝の長身に対し体重は85kgと、平均体重よりもやや重め。

とは言っても「太っている」という体型ではなく、普段からトレーニングをしているということもあり、非常にガッシリとしたレスラー体型である。

女子ウケはあまり良くないかもしれないが、男性からすると筋肉質で包容力のあるシバターの身体は「理想の体格」と言えるのではないでしょうか。

そんなシバターは、配信時代から引っ越すことなく母親と静岡の実家で、2人とプラス猫4匹で生活している。

そのため一部のネットユーザーの間では、既にシバターの住んでいる家の住所が特定されており、何度か自宅にいたずらやけんまされてしまったことも…。

現在は、シバターがパチスロ取材で自宅にいないことから、このような事件は動画で紹介されることはなくなった。

シバターの職業はYouTuber兼パチスロライター、そしてプロレスラーとしての一面も。

過去にはアマチュアとセミプロの格闘大会である「ジ・アウトサイダー」の名物ファイターとして活躍し、現在もプロレスラーとして総合格闘技団体「パンクラスP’s LAB横浜」に所属している。

また「タナハシバター」「獣神サンダーシバター」「愛深きゆえに愛を捨てた男シバター」といったパロディの効いたリングネームを使用していたことからも一部から注目が集まっていた。

これまで様々な試合に参加し、その様子はいつも本人の実況・解説付き・そして本人目線で撮影されたものが、試合後にアップされ一部格闘技ファンの視聴者から反響を呼んでいる模様。

立花孝志との関係

2019年9月3日、「NHKから国民を守る党」の立花孝志氏(登録者46万人)が「シバター逃げるなよ!裁判で決着つけましょう笑」という投稿をしました。

動画はこのところ対立していた“物申す系“YouTuber・シバター(登録者104万人)に、宣戦布告するような内容となっています。

一体何があったのでしょうか。

シバターは9月3日、「N国・松田氏、新宿区議の当選無効おめでとうございます!!!」という動画を投稿。

この中で、N国所属の“横山緑“こと、久保田学立川市議会議員について言及

このことが今回の事の発端となりました。

現在この動画は削除されています。

シバターはこの動画内で「お前よ、2回も堕胎した奴が、市川市(正しくは立川市)なんか守れるわけねえだろ」と、久保田議員の過去に触れつつ彼を煽るような発言をしました。

その動画を観た久保田氏は配信者でもあるため、ニコニコ生放送でこれに対するアンサーの配信をしました。

そして、久保田氏はシバターの動画を観たあと、すぐさま立花氏に連絡

「名誉棄損でシバターを訴えることは可能か」という趣旨のメールを送りました。

これを受けた立花氏は快諾し、シバターを提訴するため彼に「住所と名前を教えてくれ」とメールを送りました。

するとシバターは「え?本気ですか?今日の動画の件ですか?」と返信。

これに立花氏が「本気です。はい。そうです。」と答えると、「しつれいしました。動画、非公開にしておきますね。」と返信し、当動画を削除しました。

また、1時間後には「本当にすみませんでした。今後一切ネタにしません」とシバターからメールが送られてきました。

どうやら立花氏に降参したようです。

しかし、この動画内で、立花氏は降参したシバターにも厳しい声を掛け続けます。

そして、動画の最後では「ちゃんと裁判をするという方向で進めていきたいと思いますので、シバターくん逃げないように」と、戦意を剥き出しにしました。

これを受けて、9月4日にシバターは動画を投稿しました。

シバターは、削除した動画内で自分が発言した久保田氏に関することはすべて周知の事実であり、刑法第230条の2によると、『公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実に係る場合には、事実の真否を判断し、真実であることの、証明があったときは、これを罰しない』ということで、政治家について意見する際にそれが事実に基づいたものであれば罰せられることはない、と主張しました。

そして、シバターは「たぶん私は大丈夫です」と自分が敗訴する可能性は低いとしつつも、タイトル通り、立川氏と裁判をする気はさらさらないと主張。

理由は、「誰も得しないため」この裁判が実施されることで、久保田氏の過去が更に拡散されてしまう。

強いて言えば、得をするのはこの裁判により知名度が上がる可能性があるN国党。

また、シバターはここで原点に立ち返り、N国党のマニフェストである「NHKをスクランブル放送に切り替える」ことに、シバターと裁判をすることは本当に必要なのかと疑問を投げます。

議席を獲得するための売名のために裁判を乱用することに対しても、政治家としてどうなのかともコメントしました。

兎にも角にも、シバターは「拳を降ろしている」と発言した通り、立花氏との裁判には絶対に応じない姿勢のようです

裁判沙汰に!?

シバターが立花孝志党首から「裁判を起こす」と迫られていた問題について、その後、それぞれ動画内で新たに言及しました。

そして、立花氏は8日にYouTubeチャンネルでライブ配信にて、そこで視聴者の質問に答える形で「シバターさんはもう正直、とりあえず様子見てます。ちょっとレベルが違いすぎるんで」「言うてもまあ一般人ですしね」などと発言。

これに対し、早速シバターが反応。

「ようはあんな小物を相手に裁判しませんよ」というふうに解釈したようで、「非常に良かったです」「あ~助かったという感じですね僕的には」と安堵の表情を浮かべました。

このことから「レベルが違う」と言われることより、訴えられて裁判をすることのほうが嫌だったようです。

しかし、シバターによるとすでに弁護士に相談していたそうで、もし訴えられた際の準備をしていたと明かしました。

また、名誉毀損になったとしても、その賠償金額が数十万円程度におさまることが多いことを想定したうえで、「訴状が届いただの、裁判所にこれから行って来ますなど、逐一動画にすれば、回収できるんだけども」と、お金の工面についても考えていたそうです。

ですが「絶対に穴をあけられない仕事」があるため、裁判に乗り気ではなかったようです

まとめ

今回の騒動は、N国党所属の久保田学立川市議会議員の過去について、シバターが動画内で言及したことが発端。

久保田議員から「名誉既存で訴えられないですか?」と相談された立花氏が、シバター本人に民事裁判を起こす意向を伝えたところ、「しつれいしました。動画、非公開にしておきますね」「今後一切ネタにしません」とメールが返ってくることに。

これに対し、立花氏は「そんなんで済まないだろ」「ネタだったら何でもいいと思ってたのかって、それは無理だよ」などと動画内で批判。

これに対しシバターも「立花さん、俺裁判やりたくないよ」と題した動画をアップ。

そこで、仮に裁判を起こしたとしても得する人はだれもおらず、結果的に久保田議員の過去がより周知されてしまうだけだと訴えた。

このように過激な物言いでファンを集めてきたシバターですが、今回の件では常時弱腰。

このことで非難の声が殺到することに。

その後何はともあれ、今回は裁判沙汰にならなかったようですね。