ヒカルさんといえば、若年層から絶大な支持を受けている日本では最も有名なユーチューバーといって良いくらい人気がある方。

人気のスマホゲームアプリの攻略なども公式運営から依頼されるほどの知名度を誇り、一般人にはとてもできそうにないが、気になっている事を実際に試してしている動画などはかなりの再生回数を誇っています。

そんなヒカルさんは誰しもが羨む大金持ちといいます。

さてヒカルさんは実際どれくらい稼いでいるのか!?

その収入源とは一体・・・。

経歴

まずはヒカルさんの経歴をご紹介します。

名前:ヒカル(ニックネーム)

生年月日:1991年5月29日(27歳)

出身:兵庫県姫路市

経歴:

ヒカルさんがユーチューブにチャンネルを開設したのは2013年の6月1日。

それまでは情報商材ビジネスをしていたといいます。

動画をアップしたきっかけはただ「人気がほしかった」という動機だったらしいですが、その通り現在では超人気ですよね。

しかし、当時は顔だしまではやっていなかったようです。

そんなヒカルさんが人気爆発の起爆剤となったのが2016年3月18日開設のチャンネル。

それまでやっていなかった顔だしをやりはじめました。

理由は「自分の能力を出し切りたいから」だそうです。

その思いを実行したのか、そこでアップされる動画は驚くほどの再生回数になります。

「1台の自動販売機を全て売り切れにするには」「240リットルのコーラに割りばし4000本を突っ込む」など、視聴者が気になっているが自分では出来ない事を実際にやってみるというコンセプトが大ウケしたのです。

2016年11月にはユーチューバーを多く抱える事務所「VAZ」のYoutube部門として、事務所「NextStage」を設立。

そして勢いそのままに年末にはチャンネル登録者数は100万人を突破しました。

2017年にはヒカルさんの動画の中でも特に人気がある「テキ屋」シリーズが公開。

「本当にお祭りのテキ屋ではあたりが入っているのか全てのくじを購入して検証してみる」というもので、実際にお祭りのテキ屋に行って購入して検証した動画がかなりの人気に。

検証の結果は「あたりが出なかった」という子どもの夢を壊すような形になりましたが、現代の日本の闇を伺えるような気になる動画になりました。

その後はヒカルさんがテキ屋の業者の中で有名になったのか、くじすら引かせてもらえないという状況に突入。

代理で引いてもらったりと試行錯誤の上に、しまいには警察に通報し、警察が実際に動くといった事態まで発展した事もありました。

順風満帆なヒカルさんかと思いきや、2017年にVALUという仮想株式市場で大きな問題を起こしてしまいます。

後に「VALU事件」とよばれたこの事件は、ヒカルさんが自身の株式があたかも高騰させるような発言をして株式を一気に上昇させ、上がりきったところで自身の株式を一気に放出。

そのせいで株式が一気に暴落し、ヒカルさん自身は一夜で巨万の富を得たが、ヒカルさんの株を購入した一般の人々は大損をしてしまいました。

これが市場操作を行ったとしてヒカルさんが大バッシングを受けたのです。

この事件で一端は無期限の活動休止を発表したヒカルさんでした。

その後、休止期間がわずか2カ月という短期で活動を再開させました。

「VALU事件」についてさらに詳しく知りたい方は、下記リンクをご参照ください!

ヒカル(youtuber)、逮捕騒動で大炎上!?衝撃事実をご覧ください・・・

年収は?

さて本題に入りましょう。

気になるヒカルさんの収入は一体どれほどのもなのでしょうか?

率直にもうしあげますと、ヒカルさんは現在1カ月で数千万の稼ぎをたたき出しているようです。

ある時には年収約5億ということが判明していることです。

ものすごい数字ですよね。

Youtubeだけではそこまでの稼ぎにはならないでしょう。

そんなにヒカルさんが稼げる理由とは一体なんなのでしょうか?

金持ちの理由

まずはYoutubeでの収入を予測してみましょう。

大体の収入はYoutubeの再生回数から大体分かるといいます。

ヒカルさんはのべ7億2000千万回ほどの再生回数なのですが、どうやらそこから計算すると、1年の収入は大体1億円くらいになるとのこと。

動画投稿だけでかなりの稼ぎになっているようです。

ヒカルさんは特に報酬単価が高いのもあるのでしょうが、波に乗るとこれほど稼げるのかと驚きます。

その他にも事務所を立ち上げているヒカルさん。

その企業案件の仕事もあるらしく、その額は月に4000万円になることもあるといいます

以上の事を踏まえると、年収は多額になり、大金持ち間違いないでしょう。

ヒカルさんの強みは、誰もやったことない事に挑戦しているということ。

それが万人にウケたからこそ今の地位があるようです。

かなりストイックに研究などもされており、これからも活躍されること間違いないでしょう。

今後のヒカルさんにも期待したいですね。