イケメンハーフYouTuberとして人気を集めるエ.com(エド)さん

グループチャンネル『ノーブランド』が9月8日に完結し、現在はソロチャンネル『エ.com』で様々な企画に挑んでいます。

そんなエドさんは過激系な動画を出して、やらせとも言われている?

YouTuberとしての活動歴

一般人をYouTuberとして育成し、いずれは個人チャンネルを持たせるというもので、それがノーブランドというグループです。

KOHEYさんを筆頭に活動し、2017年10月29日に加入したエドさん。

エドさんは、日本とポルトガルのハーフです。

そのため日本語もポルトガル語もペラペラ。

動画内でも、ちょこちょこポルトガル語を話している場面があります。

そして、その見た目はくっきりとした顔立ち、まさにイケメン!

女性ファンがかなり多いようです。

ノーブランドでは、主にツッコミ担当。

キレるように、怒鳴り散らかしているのが印象的です。

そんな冷たい態度も、女子ウケが良いようです。

そんなエドさんはそこから個人チャンネルを開設し、特にここ最近の動画がかなり評価され登録者の増加も右肩上がり状態です。

そんなエドさんの代名詞といえば、動画でも取り上げているタトゥーですよね。

タトゥーの意味については詳しく明かされていませんが、お任せで注文するというクレイジーな事もしているので、本人も把握できていない意味もあるかもしれません。

裁判沙汰!?

エドさんが大きく注目されるきっかけになった動画といえば…あの動画。

『置き引き犯の家に突撃した』というもの。

GPSを仕込んだバッグを歌舞伎町の街中で置き引きさせ、直接犯人の元に突撃するという前代未聞の企画です。

これまでこのような類の動画はやらせが多かったですが、このエドさんの置き引き動画は間違いなくノンフィクションと言われています。

このようにエドさんとは、過激系な動画を出して人気を博しています。

そして、過激な動画を出しているが故に、嫌われ者という自覚を持っているようです。

確かに、動画では本気なのか演技なのかわからないレベルで、ガチ切れしているシーンも多く、手が出るようなケンカをするシーンもあり本当に過激な動画が多いという印象です。

しかし、実際のところはしっかりと考えられる頭脳をちゃんと持ち合わせている様子もあり、自分の行いがやり過ぎたと感じたならばしっかりと謝罪する気持ちを持っています。

それに、ただいたずらに過激な動画を流しているように見えますが、社会的に良くないとされる行動に対して懲らしめている側面が強い。

つまり、悪さをした相手を更生させるような役割をはたす汚れ役とも感じられます。

そんな中、エドさんの注目されるきっかけとなった動画の『置き引き犯の家に突撃した』犯人から訴えたれる事態にも!!

あくまでも犯人が悪いのですが、エドさんも手を出してしまったことでこのようなことになってしまったようです。

実際には脅しだったようですが、今後の動向も気になりますね。

置き引き犯のさらに詳しい内容については下記リンクをご参照ください!

エド(ユーチューバー)、置き引き犯人特定で逮捕!?名前も判明したとの噂も・・・※画像あり

やらせの真相

エドさんは2019年7月23日に、『調査依頼が来た店に潜入したら』というタイトルで動画を投稿。

内容は視聴者から教えてもらった”ぼったくりバー”に来店して実態を暴いていき、金額を請求されて反抗していく動画になっています。

エドさんは店の名前をわかっており、狙ってぼったくりバーへ足を運んでいくわけですが、かなりの危険が潜んでいると感じられ、コメント欄でもエドさんを心配する声が多く寄せられていました。

以前、人気YouTuberのヒカルさんがぼったくりバーでの動画投稿が、「やらせではないのか」という意見があり、実際のところは明らかになっていませんが、このような企画は多くが”やらせ”というようなイメージとされています。

では、エドさんもやらせなのでしょうか。

エドさんの場合”ぼったくりバー”動画のやらせの可能性は、低いと思います。

この動画に限らず、様々な意味で体をはっていたり、削除された動画もありYouTube界でギリギリの瀬戸際を攻めているエドさんに、”やらせ”はないでしょう。

たとえやらせだったとしても、エドさん本人は知らされずマネージャーなどが裏で仕組んでいる可能性が考えられます。

常に全力で企画に取り組んでいるエドさん。

そんな姿からも”やらせ”の可能性は考えにくいですね。

しかし、やりすぎの場面もあり、視聴者はハラハラすることが多いと思います。

安全面も考え、やりすぎないのも今後の課題かもしれませんね。

まとめ

過激系を名乗るエドさんですが、ちゃんと節度を守っている節が見受けられるばかりか、ヤクザだと思っている相手に対しても財布を取り返そうとする仲間思いの側面もあります。

ですから実は、性格が良くて優しい心の持ち主だと言えると思います。

それに過激系YouTuberであるからかわかりませんが、過激な企画に見せかけて実は、エドさん本人がドッキリを仕掛けられている場合も多いというかわいらしいケースも多く、そんなところも人気です。

自分のメーンチャンネルなのに、自分がドッキリを仕掛けられるYouTuberは、なかなかレアだと思います。

ハーフでイケメン、まっすぐ嘘をつかない男らしさに、多くのファンが惹かれているような気がします。

今後の活動にも注目していきたいですね。