人気が急上昇中のYouTuber『レペゼン地球』。
過激な動画がヒットして認知度を上げているグループです。
そのリーダーを務めているのがDJ社長
多くの幅広い分野で活動していることからも「DJ社長とは何者?」と気になる方が増えています。

過去の経歴や学歴を知れば知るほど応援したくなる人物であることが判明しています。

  • 年齢や本名
  • 身長や出身地
  • 職業や現在の活動内容
  • 中学校、高校、大学などの学歴
  • 何者かを知る上で重要な壮絶な過去

に迫っていきます。

レペゼン地球のDJ社長とは何者なのか

レペゼン地球のDJ社長に対してどのようなイメージを持っていますか?
様々な活動をしていることから、世間的には

  • YouTuber?
  • 歌手?
  • 芸人?

と彼らが何者なのか疑問に思う人がたくさんいるようです。
「結局のところ何者なの?」という疑問を解消していきましょう。

年齢や本名

『DJ社長』という名前でファンから親しまれていますが、本名は木元駿之介(きもと しゅんのすけ)。
「木元っていう苗字が顔に合ってる」との声も。

レペゼン地球のDJしゃちょーの顔
出典:https://pbs.twimg.com/

言われてみれば確かに本名を知ったときになぜかしっくりくるような気もします。

 

生年月日は1992年8月29日です。
年齢は25歳(2017年現在)。

同じくレペゼン地球のメンバーの年齢は、

  • DJふぉい→21歳(生年月日は1996年7月24日)
  • DJ銀太→22歳(生年月日は1995年9月27日)

なので1番年上になります。
しかしメンバー内で年齢による厳しい上下関係はないようで、仲良くやりとりしていることが多いです。

DJふぉいが一番年下であることが意外ですが、そういった年齢差も意識してみると違った視点から楽しめるかもしれません。

レペゼン地球DJふぉいの刺青の範囲!イケメンの弟の画像あり

出身地は福岡県。Wikipediaにマサラタウンと記述されていた理由とは

DJ社長の出身地は福岡県です。
今では消えているようですが、以前はWikipediaにDJ社長の出身地がマサラタウンと記述されていたようです。
それは、レペゼン地球が出した『Earth』という曲の歌詞が理由となっていると思われます。
出身地とポケモンのマサラタウンをかけた歌詞になっています。

 

普段はお笑い要素の入った曲が多いのですが、『Earth』はレペゼン地球がここまで成り上がるまでの苦悩や努力が垣間見えるかっこいい曲となっています。

 

このあと紹介するDJ社長の過去を知ったうえで聴くと、より一層感動できると思います。
記事を読んだ後にもう一度聴くと、どんな想いでこの曲を作ったかを理解できるでしょう。

身長や体重

身長については実際にライブや街中でDJ社長に会ったファンからは「思ったよりも身長が高かった」という感想をもつ人が多いそう。

DJ社長はレペゼン地球の中で2番目に身長が高いです。
本人の口から身長が明かされているわけではありませんが、175cm~180cmほどと言われています。

DJしゃちょーの身長が分かる全身画像
出典:https://pbs.twimg.com/

画像や画面越しで見ると確かに175cm~180cmもないような気もします。
実際に会ったファンが「意外に高い」と言っていたことからも推測は大体当たっているのかもしれません。

体重については肩幅が広く筋肉質な体型をしていることからも、65kg~70kgなのではと思います。
(175cmの平均体重は約64.3kgと言われています。)

 

また、レペゼン地球の公式ホームページのDJ社長の経歴プロフィールの項目には

足がとにかく長い、体のほとんど足、
​座高は20センチもない。

と紹介されています。

この文章からもレペゼン地球らしさが伝わってきます。
ユーモア・ギャグ線の高いことからも人気に火がついたのでしょう。

職業や活動内容

DJ社長は多くの肩書きを持っています。
それらを一気に紹介すると、

  • 『Life Group』最高責任者
  • 『株式会社PARIST』代表取締役 社長
  • 『BAR PariS』オーナー
  • 『DJ BAR エルフ』オーナー
  • 『レペゼン地球』代表

5つの顔をもっていることが分かります。
同時に「DJ社長とは何者なの?」という疑問が強くなることでしょう。
何者かをひと言で言うのであれば、25歳にして色んなことにチャレンジしていて、ここまで成り上がってきた若者です。

 

福岡で株式会社PARISTを立ち上げて

  • BAR PariS
  • DJ BAR エルフ

という2つのバーのオーナーを務めています。

 

店舗ビジネスだけでなく、さまざまなイベントを主催して地域に大きな影響をもたらしています。
その中でも代表的なイベントが『博多Life』。

  • ハロウィンに福岡細田級のクラブを2店舗貸し切りで2700人動員
  • クリスマスにビルの箱を複数貸し切り3000人動員
  • バレンタインにZepp福岡をオールナイトで貸し切り2500人動員

と、多くの動員数を誇っています。
今では九州最大のイベントとも言われていて、様々なアーティストやモデルも出演しています。

 

そして更にはLife Groupを立ち上げ、その会社のアーティストとしてレペゼン地球が活動しています。
レペゼン地球での活動内容は

  • DJ
  • YouTuber

です。

このようにDJ社長は本当に多くの顔を持っている人物。
25歳にして様々な経歴をもっています。

レペゼン地球のDJ社長の学歴

レペゼン地球のDJ社長が色んな肩書きを持っていることがわかりました。
そんな彼の学歴にも注目すると面白い事実も。
DJ社長の学歴をわかりやすく紹介します。

出身中学校

出身中学校は福岡市にある『警固(けご)中学校』です。

DJしゃちょーの出身中学校
出典:https://pbs.twimg.com/

ツイッターで本人の口から学歴を明かしています。

更にはDJ社長が「10年前のプリクラが出てきた」というツイートと共に中学生の時の画像もアップしています。

こちらがその画像です。

DJ社長が中学生の時のプリクラ画像
出典:https://pbs.twimg.com/

若い頃はおでこを出す髪型をしていたよう。
今は長い青髪がトレンドマークなので少し新鮮です。

現在の年齢は25歳。
つまり15歳頃のプリクラになります。

出身高校

本人の口から出身高校が福岡西陵高校の普通科であることが判明しています。

Twitterで出身高校を答えている様子

高校のときは学年で1番成績が悪くて留年した経験があります。
全校生徒が全員年下という状況で高校生活を過ごしたようです。
(本人にとっても黒歴史のよう)
しかし、その後は難なく大学に進学しています。

福岡西陵高校は公立の学校です。
偏差値は57。

出身高校の偏差値をみると、「思っていたよりも頭のいい学校に通ってたんだ」と感じる人もいるのではないでしょうか。

出身大学

出身大学は駒澤大学であることが判明しています。
と言うよりも現在も駒澤大学に在籍しています。

大学生活を楽しむDJしゃちょー
出典:https://pbs.twimg.com/

2017年時点で駒沢大学4年生。
2年間大学に通っていなかったそう。

久しぶりに大学に通い始めたら当時の友達も後輩もみんな卒業していたんだとか。
現在の大学生活はレペゼン地球のことを知ってるフォロワーなどと楽しく過ごしているようです。

 

レペゼン地球のDJ銀太の学歴も明らかになっています。

レペゼン地球DJ銀太の出身大学は?東福岡高校時代の坊主の髪型が可愛い

DJ社長が何者かを知る上で重要な壮絶な過去とは

今でこそイベントを成功させたり、レペゼン地球の認知度が上がってきて羨ましがられるポジションにいるDJ社長ですが、壮絶な過去を送っています。
何者かを理解するうえで知っておかなければいけない過去があります。

高校を卒業したDJ社長は「BIGになりたい!成功したい!」という熱い気持ちを胸に、出身地の福岡から上京します。

初めての東京だったため、右も左も分からない状態。
何をするにも初心者だったDJ社長が手を出したのは、イベントの主催。
しかし、試行錯誤するものの結果は惨敗。
50人もお客さんが入りませんでした。
その後も何度もイベントの主催に挑戦し、上手くいかない日々が続いた結果130万円の借金を抱えます。

 

当時の生活はとても苦しいもので、

  • 家賃を払うのが厳しい
  • まともなご飯が食べられない
  • ガスも止められる

という日々を送ります。
精神的にも追いつめられていたものの「地元の友達には弱みを見せるわけにはいかない」と隠していました。

 

それでも結果のなかなか出ない日々が続き、福岡の友達や仲間からは「くだらない」。
家族からも反対されたそう。
応援してほしい人から応援されない苦しい時期も経験しています。
そんな逆境の中でもDJ社長は努力し続けます。
周りが遊んでいる時、寝てる時に必死に行動します。

 

上京から一年後、経費500万円をかけてゼップ東京でイベントに挑戦という大きな賭けにでます。
もし失敗した場合、当時20歳だったDJ社長には大きすぎる借金を抱えることになります。

 

そしてDJ社長はイベントを成功させます。
2500人もの客が集まり、大きな反響を呼びました。
長い長いトンネルを抜け、それまでの努力がやっと報われます。

 

『日本1のイベンター』。
そんな風に言われるようにまで成長した頃に「地元福岡にも良い影響を与えたい」という気持ちで地元へ帰る決意をします。
東京の仲間から「東京で頑張ってきたのにもったいない」と惜しまれながらも福岡で様々な活動をします。
福岡に帰ってからも様々な困難を乗り越え、多くの実績を残していきます。
そして現在レペゼン地球でのYouTuber活動、DJ活動を通して認知度を更に上げているといったところです。

DJ社長が何者か分かった上で、さっきのレペゼン地球の曲をもう一度聴く

高校を卒業した当初は何も分からず、家族や友達から「くだらない」「まだやるの?」と反対の声を受け続けていました。
それにもめげず、人生をかけた大勝負に何度もチャレンジし続けた結果、今のDJ社長があるのです。
何者か分かった上でみると、DJ社長をこれまでと違った視点で見れるでしょう。