次はここに決めた!日常が戻ったら行きたい関東のスポット

次はここに決めた!日常が戻ったら行きたい関東のスポット

皆さんこんにちは!

旅行の計画をたてようと思っても今年はなかなか自粛ムードが長引きそうです。

今年行けなかったとしても計画はなりませんね!

今回は関東地方のおすすめスポットをご紹介していきます!

これから先は熱中症対策やソーシャルディスタンスなど旅行する際に気を付けないといけないことも増えていきますが、せっかくお出かけするのですから楽しめるようにしていきましょう。

実際に足を運んだ情報と写真をもとにご紹介していきます!

しながわ水族館

東京都内にはいくつか水族館がありますが、しながわ水族館はコスパの良さが魅力です。

入館料金が大人で1,350円、小・中学生が600円となっています。

同じ品川区にある他の水族館は2,000円台半ば、大規模な動物のショーがある水族館では3,000円台がほとんどです。

そんな中でしながわ水族館は、イルカショー、アシカショー、アザラシショー、水中ショーの4つのショーを開催しており、お値段以上に楽しむことができます。

私がしながわ水族館に行ったときは、開館後しばらくたってからの到着だったにも関わらず、バックヤードツアーの受付がまだ行われていました。

多くの水族館でバックヤードツアーは行われていますが、開館前から並ばないと参加できないレアな体験です。

しかし私が行ったときは土日でありながら、参加することができました。

このバックヤードツアーも無料です。

ツアーでは、スタッフしか通れない水槽の上の通路を通ったり、餌を用意する部屋に入ることができました。

このツアーで連れていっれくれる場所や説明内容は、参加者の年齢などに合わせて適宜アレンジしているそうです。

館内には、カラフルな魚やサンゴ礁を集めた熱帯の水槽や、クラゲの水槽をLED照明で演出したコーナーもあり、写真撮影スポットにも困りません。

30代女性

小江戸川越

埼玉県川越市の観光スポットです。

昔ながらの街並みをそのまま残しているメインストリートはとても風情があり、歩いているだけでも楽しいです。

色々なお店が軒を連ねており、食べ歩き出来るようなものが沢山売られています。

サツマイモが川越の名産なので、お芋にちなんだお菓子、例えばサツマイモチップスや、サツマイモあんの鯛焼き、サツマイモのフォンダンショコラなど、どれも美味しいのでどれを食べようか迷ってしまいます。

メインストリートから少し路地に入ると、お洒落なパン屋さんやうどん屋さんなど比較的新しいお店もあります。

路地に入って隠れ家的なお店を発見するのも楽しいです。

また、菓子屋横丁というエリアがあり、駄菓子屋さんや漬物屋さんが並んでいます。

よくテレビの取材で取り上げられる飴細工のお店や、特大サイズのふ菓子が売られている駄菓子屋さんなど、子どもも喜ぶお店が沢山あります。

おすすめはあんこがたっぷりの鯛焼き屋さんです。

芋餡の鯛焼きがとても美味しいです。

30代女性

鎌倉からの江の島

神奈川県屈指の観光スポット江の島。

新宿から小田急を使って1時間弱とアクセスも良く気軽に日帰りで楽しむことのできる観光地です。

今回、私は午前中に鎌倉観光をしたのちに海岸線沿いに歩いて江の島を目指すことにしました。

JR横須賀線北鎌倉駅で降りて、長谷寺や由比ガ浜を巡り、海岸線のそばを通る国道134号線を歩くこと約10キロ。

10キロも歩くことなど滅多にないので午前中にも関わらず足は棒のよう。

しかし、目の前に広がる太平洋を眺めているとそんな疲れもすぐに吹き飛びました。

道中には映画「稲村ジェーン」の舞台となった稲村ケ崎海岸があり少しの休憩。

今度は雄大にそびえる富士山を眺めながら歩くこと合計2時間。江の島に到着。

さらに島内を奥へと進み江島神社に参拝。さらに奥に進むには険しい階段が、と思いきや有料のエスカレーターがありました。

疲れた足にどんなに嬉しかったことか。

島の奥の海岸沿いはちょっとした公園になっていて、海に沈む夕陽や赤く染まる富士山を眺めていると心が洗われるような気分。

帰りには島の入り口側の海岸で夕陽と富士山の写真を撮影。

まるで竜宮城のような片瀬江ノ島駅から帰途に着きました。

江の島は夕方の景色がとにかく美しいです。ぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか。

10代男性

高尾山

JR中央線快速の終着駅高尾。

東京からの所要時間は40分ほどであるのに、登山やハイキングが楽しめる場所です。

高尾山登山への最寄り駅は京王線の高尾山口駅ですが、今回はウォームアップを兼ねて高尾駅から歩いて行くことにしました。

20分程で高尾山口に到着。丁度いいウォームアップになりました。

さあ、いよいよ高尾山登山です。

今回は、1番本格的な登山路である一番西側の稲荷山ルートから登頂を目指すことにしました。

この稲荷山ルートは途中標高396メートルの稲荷山を経由して行くルートです。

稲荷山には展望台があり、関東平野を見渡せる景色が広がっていました。

稲荷山展望台を出て約25分、合計60分ほどで高尾山山頂に着きました。

一番難易度の高いルートといっても、決してしんどいものではなく気軽に登山を楽しむことができました。

高尾山頂上の標高は599メートル。展望台からは関東平野や東京湾、富士山までもが見渡せる絶景が広がっています。

苦労が報われる気がしました。

20代男性

羽田空港

羽田空港といえば観光スポットというより、観光に行くための場所じゃないかと思うかもしれません。

しかし、羽田空港そのものが十分に楽しむ子tができる観光スポットなのです。

羽田空港には第1から第3までの3つのターミナルで成り立っており、それぞれのターミナルにショッピングや食事のできるお店がたくさん入っています。

また、一見変わったスポットもあるんです。

例えば、第1ターミナル1階にひっそりと佇む羽田航空神社。

飛行機の安全を祈願して建立された神社ですが、堕ちない(落ちない)神社ということで受験生にも人気があります。

第3ターミナルにはプラネタリウムもあります。空の旅の前に空に想いを馳せる、素敵ですよね。

私の一番のおすすめのスポットはやはり屋上デッキです。

屋上デッキはそれぞれのターミナルの屋上にあり、滑走路を離着陸する飛行機が間近に見られます。

さらには、天気が良ければ富士山や東京ディズニーランドも見えます。

せっかく空港に来たのだから飛行機を見て楽しむのもいいですよ。

20代男性

鉄道博物館

とにかく鉄道好きにはたまらない場所です。

広大な敷地に歴史的な鉄道車両がたくさん並んでいます。

普段は外から電車の足元に近寄ることなんてできない。

しかし、ここでは本物の鉄道車両を間近に見ることができます。

新幹線や蒸気機関車のその迫力に圧倒されます。

また、鉄道の仕組みを展示や実際に体験できるアトラクションもあります。

一番人気はミニトレインの運転体験です。

構内に設置された専用のレールを自分の運転で回ることができます。

予約制なので早く行かないとできないかも。展示車両だけではありません。

博物館の横には高崎線と川越線、高架には東北・上越新幹線が走っています。

目の前を駆け抜けていく新幹線に大興奮間違いなし。博物館の建物本体にもたくさんの工夫が凝らされています。

床にはダイヤグラムやSLのプレート、特急列車のヘッドマークなどが張られていたり、建物内の椅子は本物の列車のシートだったりします。お食事には全国各地の駅弁がおすすめ。

鉄道旅行に行った気分になれます。

30代男性

まとめ

いかがでしたでしょうか。

関東地方にもたくさんのおすすめスポットがありましたね。

ぜひ次回の旅行の計画に役立ててくださいね!

次回もお楽しみに!